ベクター素材 足01

 
 足ってあまり素足で描くことがないんですが、いざ描くと「え?どうだっけ?」ってなるんですよね。なかなかいい感じの足を描くのは難しいです。が、あまり足が必要なタイミングがないのでこのくらいの数で賄えちゃえてます。
 引きの絵での足は適当に描いてもシルエットだけでばれないものなので、どうしても足がアップで必要になるのって「手前に足を向けてる」絵の時になるので、足の裏素材が多いです。
 あとゴツい足の裏を向けられても楽しくないのでスラっとした女性的な足ばかり描いてしまいます。

 こちらの素材の線は、手素材と同じ太さで描かれていますが、手前に足を突き出すようなアングルで描く場合には線の強調のために「線幅修正」で線を太くした方が遠近感が出ると思います。
 詳しい方法はベクター素材の使い方を参考にしてください。

 少ない素材をぐるぐる回して使ってるので、そろそろ足素材も増やしたいです。
 足は手と違い指の動きもないし物も持ったりしないので、一通りのアングルを素材化してしまうと、ほとんど描かなくてよくなってしまう便利なものなので、そろそろ完全に足から卒業してしまいたい・・・いややっぱりなんだかんだで描くことにはなるんですが。

foot01





▼素材ダウンロード

clipb   ps





    クリップスタジオ用ベクター素材について

     クリップスタジオ用ベクター素材はセルシスソフト「CLIP STUDIO PAINT」専用素材になります。
     他のソフトへの互換性はありません。


     また、クリップスタジオで「ラスターレイヤー」で絵を描いている方は、そのままベクターとして使用するか、もしくは拡大縮小加工後に「レイヤーのラスタライズ」でラスター変換をしてください。
     加工前にラスタライズしてしまうと画像変形で線が劣化します


     詳しい使い方はベクター素材の使い方をご覧ください。

    フォトショップ用素材について


     こちらはクリップスタジオ用素材と違い、通常レイヤーの素材になります。
     フォトショップ、SAIなどの画像ソフトで使用できますが、もともとのベクター素材としての
    「拡大縮小加工しても画像が劣化しない」というメリットがなくなってしまうので、できればクリップスタジオでベクター素材として利用していただきたいです。
     また、ベクター素材でないため、拡大縮小で線の太さが変化してしまいます。
     そのままイラストに当てはめると線の太さの差が際立ってしまうため、トレース素材として利用していただくのが、一番違和感なく素材を使える方法かと思います。
     フォトショップでベクター素材が開けないので、予備用として公開しています。