ベクター素材 手06 ハートの手

  バカップル用素材寄せ集めです。
 写真撮影の時にバカップルがよくやるやつです。二人の手を合わせて♥を作るのですね。
 仲良しハッピーなカップルが好きなので、気が付くと結構描いてました。そしてまた、体の前で作るポーズなので何かに重なって線を消したりしなかったので、素材として残りやすかったようです。

 このハートの作り方って調べてみると意外といっぱい方法があって、まだまだパターンがありそうです。
 またパターンを増やしてみたいですね。

 絵に乗せる方法としては、胸元辺りにあまり遠近感をつけずに入れるか、手前に大きく手を持ってきて♥を強調するかの2パターンあると思います。
 写真撮影を意識して目線を正面に向けたり、写真のように枠を作って切り取ると雰囲気が出ると思います。

 左の上から二番目のハートは、女性を後ろから抱きしめるようにして腹の前でハートを作る赤ちゃんが出来ましたアピール用に描いたものです。
 もしくは二人の子供が欲しいアピールとか、俺のものアピールですね。ラブラブが大好きです。

 カップル用や、友達用、一人でハート演出、スレンダーな手なので、男女両用どれにでも使えると思いますがカップル用に描いてサイズの違う手があるので、一人の人間用として素材を利用するときは、片方の手を範囲選択→拡大縮小でサイズ調節をしてください。

 このあたりのバカップルぽいものもまだあるので探してきますヮァィ━━━(*ノ´Д`)ノ━━━!! 
 
 
 
hand06




▼素材ダウンロード

clipb   ps




    クリップスタジオ用ベクター素材について

     クリップスタジオ用ベクター素材はセルシスソフト「CLIP STUDIO PAINT」専用素材になります。
     他のソフトへの互換性はありません。


     また、クリップスタジオで「ラスターレイヤー」で絵を描いている方は、そのままベクターとして使用するか、もしくは拡大縮小加工後に「レイヤーのラスタライズ」でラスター変換をしてください。
     加工前にラスタライズしてしまうと画像変形で線が劣化します


     詳しい使い方はベクター素材の使い方をご覧ください。

    フォトショップ用素材について


     こちらはクリップスタジオ用素材と違い、通常レイヤーの素材になります。
     フォトショップ、SAIなどの画像ソフトで使用できますが、もともとのベクター素材としての
    「拡大縮小加工しても画像が劣化しない」というメリットがなくなってしまうので、できればクリップスタジオでベクター素材として利用していただきたいです。
     また、ベクター素材でないため、拡大縮小で線の太さが変化してしまいます。
     そのままイラストに当てはめると線の太さの差が際立ってしまうため、トレース素材として利用していただくのが、一番違和感なく素材を使える方法かと思います。
     フォトショップでベクター素材が開けないので、予備用として公開しています。