ベクター素材 手05 二人の手・両手

  自分の「描くのめんどくさい手ランキング1位」が手を組むやつです。
 絡まる指が重なるのでどうなってるのかわからなくなって絶対にめんどくさい!そして恋人繋ぎはラブシーンとかにあったら嬉しいやつなので、ラブ系の話ならどこかに入れたい二人の手かと思います。
 でも描くのめんどくさい。
 手のサイズが違っているものは、組む形だと修正が不可能なので、どうしても二人用恋人用になりますが、左上のは大きさが違わないので、「祈りの手」にも流用可能です。
 こう手を組んで額に当てて祈るようなシーンでお使いください。もしくは同性バカップル。

 下三つは一人の人間の両手として描いていますが、それぞれ片方の手だけ残して消してもいいし、移動させて角度を変えても使えます。また二人の人間の手として使ってもいけます。
 範囲選択をして拡大縮小でサイズを変えれば男女の手としても流用可能です。
 右上のがちょっとぶりっこめなシーンで、右下は頬杖をつくシーンで顎の下に、左のは写真撮影っぽくダブルピースの時に描きました。
 ピースは汎用性高いですが、割とこの指の形って、描くの面倒だなって思います。
 角度違うものもあったはずなので、フォルダの底を探してきます(整理して!)



hand05





▼素材ダウンロード

clipb   ps




    クリップスタジオ用ベクター素材について

     クリップスタジオ用ベクター素材はセルシスソフト「CLIP STUDIO PAINT」専用素材になります。
     他のソフトへの互換性はありません。


     また、クリップスタジオで「ラスターレイヤー」で絵を描いている方は、そのままベクターとして使用するか、もしくは拡大縮小加工後に「レイヤーのラスタライズ」でラスター変換をしてください。
     加工前にラスタライズしてしまうと画像変形で線が劣化します


     詳しい使い方はベクター素材の使い方をご覧ください。

    フォトショップ用素材について


     こちらはクリップスタジオ用素材と違い、通常レイヤーの素材になります。
     フォトショップ、SAIなどの画像ソフトで使用できますが、もともとのベクター素材としての
    「拡大縮小加工しても画像が劣化しない」というメリットがなくなってしまうので、できればクリップスタジオでベクター素材として利用していただきたいです。
     また、ベクター素材でないため、拡大縮小で線の太さが変化してしまいます。
     そのままイラストに当てはめると線の太さの差が際立ってしまうため、トレース素材として利用していただくのが、一番違和感なく素材を使える方法かと思います。
     フォトショップでベクター素材が開けないので、予備用として公開しています。